【厳選】管理人がハマったおすすめの恋愛系ドラマ10選!

小学生の頃から母親が日常的にテレビドラマを見ていた影響でテレビドラマにハマり、大人になってもずっとテレビドラマを見ています。

おすすめできる作品はたくさんあるのですが、今回は恋愛系に絞って管理人がハマったドラマの中から厳選してご紹介します。

魔女の条件【1999年】

女教師と男子生徒の禁断の愛を描いた物語。題名の「魔女」とは魔女狩りを意識したもので、内容も2人の恋愛を甘く描くというものではなく、周囲からの辛らつな攻撃を描くシリアスなものである。

私立高校で数学の教師をしている広瀬未知は、ある日、バイクを運転する少年にひかれそうになる。それからしばらく経った頃、問題ある転校生として校長から無理に押しつけられた生徒がバイクを運転していた少年、光だった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/魔女の条件

主演は松嶋菜々子と滝沢秀明。

松嶋菜々子演じる美人教師・広瀬未知には婚約者がいます。そんな状況の中、生徒と禁断の愛を描いた物語にのめり込んでしまった作品でした。

宇多田ヒカルの代表曲の1つと言える、主題歌の『FirstLove』も大ヒットしました。

やまとなでしこ【2000年】

客室乗務員の神野桜子は、気配り上手で類まれな美貌を持つが、貧しい漁師の家に生まれた過去から、玉の輿に乗るべく、合コンに情熱を燃やしていた。大病院の御曹司を射止めても、更なる標的を狙う桜子の前に現れたのは、超金持ちの医者・中原欧介。しかし本当の彼は、小さな魚屋で恋愛に臆病だった。 心よりお金が大事と公言する一方で、亡き母が教えてくれたお金では買えないたった一つのものが頭を離れない桜子が、本当の恋を見つけるまでを描く物語である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/やまとなでしこ_(テレビドラマ)

主演は松嶋菜々子で、相手役を堤真一が演じています。

2000年を代表する恋愛系ドラマ作品といえば、「やまとなでしこ」の名前を挙げる方も多いのではないでしょうか。

人気が出始めた若かれし頃の矢田亜希子が出演しているのも見逃せません。松嶋菜々子より矢田亜希子の方が好きだったんですよね(笑)

全11回で平均視聴率26.4%、最高視聴率は34.2%と大ヒットしました。今と比べて昔の方が視聴率は高かったですが、当時でも20%を超えれば凄いという感じでしたので、この数字の凄さが分かるかと思います。

恋愛系ドラマといえばまず思い浮かぶのはこの作品ですので、見たこと無い方は是非見ていただきたいです。続きが早く見たくて、毎週月曜日が待ち遠しかったのをよく覚えています。

ビューティフルライフ【2000年】

腕はあるが人気のない美容師の男性と、難病に侵され車椅子での生活を強いられながらも健気に生きる図書館司書の女性を描いたラブストーリー。平均視聴率32.3%、最高視聴率41.3%を記録。第26回放送文化基金賞本賞受賞(1999年度)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ビューティフルライフ

主演は木村拓哉と常盤貴子。

このドラマの一番の見所は最終回です。最後のシーンは涙なしでは見られません。

ちなみに、このドラマをきっかけにバリアフリーという言葉が広く一般に知られるようになり、ドラマの影響からか2000年の美容師志望率が例年より2割ほど上がるほど影響があったようです。

プロポーズ大作戦【2007年】

岩瀬健(山下智久)は恋に不器用で、大好きだった幼馴染みの吉田礼(長澤まさみ)に告白できないまま、礼と恋人・多田(藤木直人)の結婚式に出席することになってしまった。自分と礼が写っているスライド写真を眺め、健は「ちゃんと告白していれば、自分が礼と結婚できたかもしれないのに…」と激しく後悔する。

そこへ、時間を操れるという妖精(三上博史)が現れ、過去に戻してやると申し出る。そして健は、「ハレルヤチャンス」という言葉とともに過去へタイムスリップ。礼とのハッピーエンドを目指して奮闘する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/プロポーズ大作戦_(テレビドラマ)

主演は山下智久と長澤まさみです。

タイムトラベル要素が入ったラブコメディ作品です。何度もタイムスリップしては戻りを繰り返し、少しずつ未来が変わっていき、今度はどんなふうに変わっていくんだろう?というのが面白かったです。

岩瀬健の親友役を演じる濱田岳は、個性のある面白いキャラでドラマを惹き立ててくれてるように感じました。

リッチマン、プアウーマン【2012年】

日向徹は若くして時価総額3000億円のベンチャーIT企業「NEXT INNOVATION(ネクスト・イノベーション)」(以下、記述上は適宜NIとする)を率いる社長であり、天才と評されるが傍若無人で毀誉褒貶の激しい人物である一方、母に捨てられた心の傷を密かに抱えている。

ある日彼は自社の会社説明会で、東大生ながら折からの就職難で内定ゼロの就活生女子と出会う。その名は澤木千尋といい、彼の探している実母と同姓同名であった。日向は彼女を自分が力を入れる戸籍情報管理システム「パーソナルファイル」(以下、PF)の計画にインターンシップとして参加させる。

しかし彼女の名は実は偽名であった。彼女は日向の実母の知人で、日向は覚えていなかったが数年前に日向本人と出会っており、彼を実母に会わせてやれなかったことを悔いていた。そのことからつい澤木千尋の名を騙って彼の前に現れたのだが、やがてその素性は日向にばれてしまう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/リッチマン、プアウーマン

主演は小栗旬でヒロイン役は石原さとみ。

このドラマは、若くしてITのベンチャー企業で成功した社長の日向徹を中心にビジネスの部分がメインのドラマ作品です。

会社は成功して順中満帆に進みハッピーエンド!で終わるということはなく、大きなトラブルが起きても必死に前に進もうとする日向徹の姿はカッコいいです。

コテコテの恋愛系ドラマを見たい方には正直あまりおすすめは出来ませんが、経営者のカッコいい仕事っぷりや苦悩などを描いたような作品は好きで、この作品もとても良かったので名前を挙げさせていただきました。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう【2016年】

幼い頃に母を亡くした音(有村架純)は、北海道で養父母と暮らしていた。一方、福島から上京した練(高良健吾)は、東京の運送会社で引っ越しの仕事に就いていた。練には、木穂子(高畑充希)という恋人がいた。

ある日、練は、友人の晴太(坂口健太郎)が、旅先の北海道で拾ったというカバンの中から「音へ」と書かれた古い手紙を見つける。練は、手紙を持ち主に届けるため、トラックで北海道へ向かう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

主演は有村架純と高良健吾。

二人の出会いのきっかけが、非現実的すぎてこんな出会い方あるのか?って思いながら見てましたが、登場人物それぞれに悩みを抱えては居ますが、一生懸命に人生を歩んでいる姿に感動する作品でした。

恋愛系ドラマではありますが、ヒューマンドラマという方がしっくりくると感じました。

ダメな私に恋してください【2016年】

無職なのに年下の大学生に貢いでいた非モテ女子・ミチコは偶然再会した前の職場の上司・黒沢の喫茶店で住み込みで働くことに。さらにトラブルに巻きこまれたところを再び黒沢に助けられ、気になりはじめる。しかし、黒沢には春子という想い人がおり、苦しむミチコ。

そんな中、職場の同僚・最上に告白される。いつまでも黒沢の世話にはなれないと一人暮らしを再開。最上とも付き合い始める。だが、彼を詐欺師と疑ってしまい、誤解と判明するも破局。兄の婚約者・春子を思い続けていた黒沢が二人の結婚式で気持ちに整理をつけた一方、30歳になったミチコのもとに父親からお見合い写真が届く。焦ったミチコは黒沢にプロポーズするが、玉砕。しかし、それがきっかけで黒沢への想いを自覚したミチコはあの手この手でアプローチする日々。

ある日、おばあさんを助けたミチコ。そのおばあさんは喫茶ひまわりを開店した黒沢の祖母だった。お店で黒沢の子供の頃の話を聞くミチコ。和やかな雰囲気の中、おばあさんが帰り際に喫茶ひまわりを人に譲ると言う。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ダメな私に恋してください

主演は深田恭子。原作は人気少女漫画。

こんなに可愛い深田恭子がリアルでモテナイはずはないですが、ドラマではそういう設定なのでそれは置いておきましょう(笑)

2016年で一番好きなドラマはこの作品でした!ミチコとドSキャラ・黒沢のやり取りが面白くてハマりました。

原作は読んだこと無いのですが、出演者の役がピッタリハマっているとの声も多く、登場キャラという部分では原作を忠実に再現できているようです。

『ダメ恋ロス』という言葉が出来る程人気で、続編を希望する声も多かったドラマ作品です。

逃げるは恥だが役に立つ【2017年】

大学院を出ながらも就職難で派遣社員になった森山みくりは、いわゆる派遣切りに遭い、無職の身となってしまう。求職中の娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた元部下・津崎平匡が折りよく家事代行の会社を替えようとしていたところを頼み込んで、週1回の仕事を取り付けてくる。

気難しい性格で、あまり他人に構われることを好まない津崎だったが、みくりとは適度な距離感を保って良好な関係を築く。だが、定年を機に田舎へ引っ越すという願望を両親が叶えることになり、現状を維持したいみくりは津崎に「就職としての結婚」を持ちかけ、その提案にメリットを感じた津崎は了承し、2人は「雇用主と従業員」という関係の契約結婚という道を選ぶ。

結婚式も挙げず事実婚という体で周囲への挨拶を乗り切ったみくりと平匡だが、2人のよそよそしさをいぶかしむ平匡の同僚・風見涼太や沼田、みくりの伯母・土屋百合の目をごまかすため「ハグの日」を設けるなどして周囲に親近感を醸し出そうとするうちに、2人の間に本当の恋愛感情が芽生える。

https://ja.wikipedia.org/wiki/逃げるは恥だが役に立つ

主演・新垣結衣、相手役を星野源さんが演じています。

このドラマは第1話の冒頭で情熱大陸の演出で始まるなどコメディっぽい要素もたくさん取り入れられており、いきなり引き込まれました。

一番の見所は、いろいろな服装の可愛いガッキーが見れることですね。高校生姿のガッキーなど貴重なものが見れますよ!

エンディングで出演者が踊っているのですが、新垣結衣のダンス姿が可愛いと話題になりました。

新垣結衣の恋人役・星野源さんの『恋』に合せて踊る『恋ダンス』を真似した動画がYouTubeにたくさん公開されるなど一大ブームが起きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です